いつか 歌詞 - いつか 歌詞「海蔵亮太」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

歌詞 いつか 斉藤由貴 いつか

Saucy Dog いつか 歌詞

歌詞 いつか イ・ビョンホン いつか

歌詞 いつか 藤田麻衣子 いつか

歌詞 いつか 【歌詞翻譯】いつか/Saucy Dog

【歌詞翻譯】いつか/Saucy Dog

歌詞 いつか いつか 歌詞「海蔵亮太」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

歌詞 いつか Saucy Dog

歌詞 いつか イ・ビョンホン いつか

歌詞 いつか いつか 歌詞「海蔵亮太」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

B'z いつかまたここで 歌詞

歌詞 いつか いつか 歌詞「ゆず」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

B'z いつかまたここで 歌詞

歌詞 いつか DOBERMAN INFINITY

いつか 歌詞「海蔵亮太」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

Saucy Dog いつか 歌詞

歌: 作詞:藤田麻衣子 作曲:藤田麻衣子 涙の夜をいくつ 越えてきただろう 夜は明けるのに 心は痛いまま あとどれくらい こんな気持ちになったら 彼を忘れること できるんだろう テーブルに カップを置いて 友達が私に こう言ってくれたの 「彼のことはもう一生 好きな人のままだよ 忘れられないんだから 忘れなくていいんだよ だけどいつか大切に 思える人に出会えるから」 季節は変わっていく あなたの名前を 呼ばない日々にも 慣れてきたよ 優しい人に出会ったり 誰かと過ごしてもだめ 比べてしまうから 今でも誰より会いたい ただあなたに会いたい 記憶だけが笑顔だけが 残ったまま恋しい やり場のない感情を いつまで抱え続けるんだろう 私はまた出会えるかな あなたを好きになれたように 心から人を また好きになれるのかな なりたいよ 彼のことはもう一生 好きな人のままだよ 忘れられないんだから 忘れなくていいんだよ 今でも誰より会いたい ただあなたに会いたい 記憶だけが笑顔だけが 残ったまま恋しい だけどいつか大切に 思える人に出会えるから 出会えるよ 出会えるよ. 整首的旋律簡單節奏恰到好處令人感到非常舒適,第一段主歌令人安心平穩的貝斯音,溫柔的鼓聲像是在背後守護著,加上主唱直率而感情流瀉的嗓音實在很難不讓人因而著迷。

【歌詞翻譯】いつか/Saucy Dog

為講求前後文的連貫性,中文不是完全依照日文原文意思直譯,請多見諒。

いつか 歌詞「海蔵亮太」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

而在最後一句的いつか(總有一天)更像是用全身的力氣大聲喊出來,惆悵悲傷後悔又有點放下的情緒參雜糾結在一起,希望有朝一日能再見面。

いつか 歌詞「Saucy Dog」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

坂道 さかみちを 登 のぼった 先 さきの 暗 くらがり 星 ほしが 綺麗 きれいに 見 みえるってさ 地 じべたに 寝 ねころんじゃうあたり あぁ 君 きみらしいなって 思 おもったり 時間 じかんを 忘 わすれて 夢中 むちゅうになった 赤信号 あかしんごうは 点滅 てんめつしている 肌寒 はださむくなり 始 はじめた 季節 きせつに 僕 ぼくらは 初 はじめて 手 てを 繋 つないだ 2 人 りの 物語 ものがたり 2 人 りでひとつの 傘 かさを 差 さしたり ブランコに 乗 のり 星 ほしを 眺 ながめたり 押 おしボタン 式 しきの 信号機 しんごうきを いつも 君 きみが 走 はしって 押 おすくだり 仰向 あおむけになって 見 みた 湖 みずうみ 宙 ちゅうに 浮 ういてるみたいってさ はしゃいでいる 君 きみとその 横 よこでさ もっとはしゃぐ 僕 ぼくなら 本当 ほんとうに 飛 とべるような 気 きがしていた フワフワと 夢心地 ゆめごこち 君 きみの 隣 となり 君 きみの 見 みる 景色 けしきを 全部 ぜんぶ 僕 ぼくのものにしてみたかったんだ あぁ 君 きみを 忘 わすれられんなぁ 当 あたり 前 まえに 通 かよってたあの 道 みち 信号機 しんごうきは 無 なくなるみたいです 思 おもい 出 だして 切 せつなくなる 気持 きもちも いつかは 無 なくなるみたいです そういえば 寒 さむい 雪降 ゆきふる 日 ひの 田和山 たわやまの 無人公園 むじんこうえんでさ 震 ふるえる 体 からだ 暗 くらい 中 なかいつものように 笑 わらい 合 あう 街灯 がいとうの 下 したで 僕 ぼくの 目 めに 映 うつりこんだ 君 きみが いつもよりちょっと 寂 さびしそうな 気 きがした 今 いまになってさ 思 おもい 出 だしてさ 後悔 こうかいじゃ 何 なにも 解決 かいけつしないさ 忘 わすれられないのは 受 うけ 入 いれられないのは 君 きみを 思 おもい 出 でにできる 程 ほど 僕 ぼくは 強 つよくはないから 僕 ぼくの 見 みた 景色 けしきを 全部 ぜんぶ 君 きみにも 見 みせてやりたかったんだ あったかいココアを 一口 ひとくち いつかまた 逢 あう 日 ひまでと 笑 わらう 顔 かおに 嘘 うそは 見当 みあたらない じゃあね またどっか 遠 とおくで いつか 坂道 sakamichi を wo 登 nobo った tta 先 saki の no 暗 kura がり gari 星 hoshi が ga 綺麗 kirei に ni 見 mi えるってさ eruttesa 地 ji べたに betani 寝 ne ころんじゃうあたり koronjauatari あぁ aa 君 kimi らしいなって rashiinatte 思 omo ったり ttari 時間 jikan を wo 忘 wasu れて rete 夢中 muchuu になった ninatta 赤信号 akashingou は ha 点滅 tenmetsu している shiteiru 肌寒 hadasamu くなり kunari 始 haji めた meta 季節 kisetsu に ni 僕 boku らは raha 初 haji めて mete 手 te を wo 繋 tsuna いだ ida 2 人 ri の no 物語 monogatari 2 人 ri でひとつの dehitotsuno 傘 kasa を wo 差 sa したり shitari ブランコ buranko に ni 乗 no り ri 星 hoshi を wo 眺 naga めたり metari 押 o し shi ボタン botan 式 shiki の no 信号機 shingouki を wo いつも itsumo 君 kimi が ga 走 hashi って tte 押 o すくだり sukudari 仰向 aomu けになって keninatte 見 mi た ta 湖 mizuumi 宙 chuu に ni 浮 u いてるみたいってさ iterumitaittesa はしゃいでいる hasyaideiru 君 kimi とその tosono 横 yoko でさ desa もっとはしゃぐ mottohasyagu 僕 boku なら nara 本当 hontou に ni 飛 to べるような beruyouna 気 ki がしていた gashiteita フワフワ fuwafuwa と to 夢心地 yumegokochi 君 kimi の no 隣 tonari 君 kimi の no 見 mi る ru 景色 keshiki を wo 全部 zenbu 僕 boku のものにしてみたかったんだ nomononishitemitakattanda あぁ aa 君 kimi を wo 忘 wasu れられんなぁ rerarennaa 当 a たり tari 前 mae に ni 通 kayo ってたあの ttetaano 道 michi 信号機 shingouki は ha 無 na くなるみたいです kunarumitaidesu 思 omo い i 出 da して shite 切 setsu なくなる nakunaru 気持 kimo ちも chimo いつかは itsukaha 無 na くなるみたいです kunarumitaidesu そういえば souieba 寒 samu い i 雪降 yukifu る ru 日 hi の no 田和山 tawayama の no 無人公園 mujinkouen でさ desa 震 furu える eru 体 karada 暗 kura い i 中 naka いつものように itsumonoyouni 笑 wara い i 合 a う u 街灯 gaitou の no 下 shita で de 僕 boku の no 目 me に ni 映 utsu りこんだ rikonda 君 kimi が ga いつもよりちょっと itsumoyorichotto 寂 sabi しそうな shisouna 気 ki がした gashita 今 ima になってさ ninattesa 思 omo い i 出 da してさ shitesa 後悔 koukai じゃ ja 何 nani も mo 解決 kaiketsu しないさ shinaisa 忘 wasu れられないのは rerarenainoha 受 u け ke 入 i れられないのは rerarenainoha 君 kimi を wo 思 omo い i 出 de にできる nidekiru 程 hodo 僕 boku は ha 強 tsuyo くはないから kuhanaikara 僕 boku の no 見 mi た ta 景色 keshiki を wo 全部 zenbu 君 kimi にも nimo 見 mi せてやりたかったんだ seteyaritakattanda あったかい attakai ココア kokoa を wo 一口 hitokuchi いつかまた itsukamata 逢 a う u 日 hi までと madeto 笑 wara う u 顔 kao に ni 嘘 uso は ha 見当 mia たらない taranai じゃあね jaane またどっか matadokka 遠 too くで kude いつか itsuka. 少しずつ街の 風も冷たくなってきたから 風邪をひきやすい あなたの事が気になります 冬の匂いが 僕を通り抜け始めると 溢れる程 切なくて逢いたくて… 傷つきながらもがきながら 僕達は明日という日を 夢見て生きていく いつか又どうしょうもなく 寂しくなったその時は 何処にいても何をしてても 駆けつけてあげるから ありふれてる言葉なんて 捨て去ってしまおう 何も要らないあなたがいる それだけが僕の全て 今年は雪が降るのかな? びしょ濡れになって はしゃいだあの日 降り積もった 真白な雪は 全ての事を 包み込んで行くだろう… 戸惑いながらつまづきながら 僕達は昨日という日を かみしめて歩いて行く いつか又どうしょうもなく 寂しくなったその時は 何処にいても何をしてても 駆けつけてあげるから ありふれている言葉なんて 捨て去ってしまおう 何も要らないあなたがいる それだけが僕の全て Wo,ho-ho-ho- 大事なことをごまかしながら 誰もが目をつぶり 一人ぼっちになりそうになっても もう大丈夫だから いつか又大きな波が あなたを連れ去ろうとしても 全ての力使い果たし 守ってあげるから 時間は過ぎ人は流れ 何もかも見えなくなっても ここに居るすぐ傍に それだけが僕の全て 不安を抱き 悲しみに打たれ 信じる事に 挫けそうになっても あなたを想い唄い続けて行く それだけが僕の全て. 誰 だれかに 優 やさしくする 君 きみの 姿 すがたにも 笑顔 えがおでいられたのは これ 以上 いじょう 傷付 きずつくのがただ 怖 こわかったんだ いつか、 自分 じぶんの 心 こころに 素直 すなおになれるかな? 【也許是松江市限定的一首歌 】 嗓音穿透力十足的主唱石原慎也,來自日本的島根縣松江市,六月時聽了這首歌而七月時因緣際會下去了一趟松江市,在抵達松江市之前,特急會有一段車程是沿著島根縣著名的行駛,雖然MV的拍攝地是在福島縣,但觀賞著MV很難不讓人回想起在松江的所見所聞。




2021 stg-origin.aegpresents.com